CSR

 CSRの取り組み

食卓を通じて、子どもたちにできること
ローヤルは、セーブ・ザ・チルドレンの活動に賛同し、
皆様からの売上の一部をもって、セーブ・ザ・チルドレンを支援します。
セーブ・ザ・チルドレン
セーブ・ザ・チルドレンは、世界で27ヶ国のそれぞれ独立した組織がパートナーを組み、世界最大のネットワークを活かして、120ヶ国以上で活動を展開しています。1919年に設立以来、約90年にわたる活動は、世界のNGOの代表格として各国政府からもその重要性を認められています。
また、国連の「子どもの権利条約」を理念とし、世界の子どもたちとその家族、周囲の環境をよりよいものに改善するため、精力的に活動を行っています。

↑PAGE TOP

9年目となる「セーブ・ザ・チルドレンの取組み」
ローヤルは2009年から、セーブ・ザ・チルドレンの取組みを通じて、世界のこどもたちを応援しています。 従来はフィリピン産バナナ(みやびみやびゴールドエストレージャアロハスウィート・くだもの屋さんのバナナ)での活動でしたが、「南アフリカ産グレープフルーツ」「フロリダ産グレープフルーツ」「ニュージーランド産有機キウイフルーツ」もセーブ・ザ・チルドレンの対象になります。
対象ラベルサンプル

↑PAGE TOP